感染症情報

kansensyo

富士市内の定点になっている病院・診療所で診断した各感染症の合計罹患者数です。

サーベイランスコメント

 今月も感染症の報告は半減しています。その中で溶連菌感染症は先月と変わりなく流行していますが、その他に流行している感染症の報告はありません。コロナウイルス感染症の流行はやや下降気味の様です?ワクチンは当分の間望めません。油断しないで感染予防に努めていきましょう。これからインフルエンザが出てくる季節になります。インフルエンザの予防接種早めに受けてもらいたいです。

病名 時期・罹患数
33 34 35 36 37
8月3週 8月4週 8月5週 9月1週 9月2週
はしか(麻しん様疾患) 0 0 0 0 0
風しん 0 0 0 0 0
みずぼうそう(水痘) 2 2 2 1 4
おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) 0 2 2 0 2
百日せき様疾患 0 0 0 0 7
溶連菌感染症 3 3 2 4 0
感染性胃腸炎 9 20 26 25 19
手足口病 1 3 0 0 1
リンゴ病(伝染性紅斑) 0 0 0 0 1
突発性発しん 1 4 5 5 7
ヘルパンギーナ 0 1 2 5 2
プール熱(咽頭結膜熱) 0 0 0 0 0
はやり目(流行性角結膜炎) 3 4 4 1 3
A型インフルエンザ(確定) 0 0 0 0 0
B型インフルエンザ(確定) 0 0 0 0 0
インフルエンザ様疾患 0 0 0 0 0
異型肺炎 0 0 0 0 0
RSウイルス感染症 0 0 0 0 0

国立感染症情報センターへリンクします。

ホームページ

表中見出し数字の期間
33 令和2年08月10日~令和2年08月16日
34 令和2年08月17日~令和2年08月22日
35 令和2年08月23日~令和2年08月30日
36 令和2年08月31日~令和2年09月06日
37 令和2年09月07日~令和2年09月13日